人気の会計システムを提供している会社TOP5

第1位 ZeeM

  • すべてはお客様の笑顔のために、という思いを持ち続ける

  • 顧客ロイヤリティ調査で最高評価を獲得する信頼感

  • もっとよく知るための動画ライブラリを掲載

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ZeeMに対するみんなの口コミ

高い評価を受けている会計システムです。その評価に違わない扱いやすいシステムであり、導入も簡単です。業務の効率化を目指した...
今回こちらのシステムを導入いたしました。わかりやすく、扱いやすく、それでいて作業の効率が良くなるもの。と誰もが思っている...
とてもいいシステムです。高い評価を受けているのも納得の出来であり、今まで取り扱っていた会計システムで悩ましかったものが解...

1993年から続く会計、人事給与システム

ZeeMは1993年から2000社以上の導入実績を誇る会計システム・人事給与システムです。「ルーティン業務の効率化」と「データ活用による業務の付加価値化」を追及しています。

第2位 オービック

  • 経営管理のあらゆるフェーズを支える会計システム

  • 複数の特長を持つ優秀な会計情報システムを提供

  • 多数のシステムで会計業務のサポートを可能

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

オービックに対するみんなの口コミ

様々なシステムが搭載された会計業務システムですね。色々はいっているので、会計業務において必要なものがほとんど網羅されてい...
複数の支店を同時に管理することが出来るようになっているので、全体の会計情報を把握することが出来ます。それぞれの支店で挙が...
あらゆる会計業務をしっかりとサポートしてくれるシステムです。前に導入していたものもいいですが、こちらはかゆいところに手が...

累計導入数17000社以上の信頼と実績

オービックが発売してきたシステムの累計導入数は17000社以上。積み重ねてきた業務、業種の経験・実績をテンプレート化。各業種、業界に向けて長年にわたって培ってきたものが多くの顧客に評価されています。

第3位 SCSK

  • リアルタイムの更新で時代の変化に取り残されない

  • 法改正への追随と高い業務適合性によるサポート

  • 使いやすさを重視し、IT環境の変化にも対応

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

SCSKに対するみんなの口コミ

リアルタイムで更新されていくのがありがたいものです。使う側としてはなんだか変わりそうだけれど、こっちでどうすればいいのか...
誰でも使いやすい雰囲気をしたものですね。初めて使う側でも、ちょっと操作方法を教えてもらうだけで、あとは画面の様子で何とな...
使いやすく、それでいて素早く作業が出来るようなシステムになっています。ユーザー目線で少しずつ改良がくわえられているようで...

意思決定をトータルに支援し経営強化を実現

SCSKが提供するのは経営の基盤となる財務会計・管理会計を中心に、様々な企業の基幹業務をトータルに支援するERPパッケージです。自社の経営状況を的確に捉え、迅速な意思決定を実現します。

第4位 電通国際情報サービス

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

グローバル&グループ経営に対応している

電通国際情報サービスで提供しているPOSITIVEはグローバルに展開する企業の人材管理や、企業グループの人事業務を集約・標準化するシェアードサービスに最適な柔軟性・拡張性に優れたシステムです。

第5位 スーパーストリーム

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

日本の会計・人事を変えるシステム

スーパーストリームは長年培ってきた数多くの導入実績に裏打ちされたノウハウと、最新のテクノロジーを結集し、企業のバックオフィスの中核業務(財務会計・人事、給与)を最適化を実現するソリューションです。

会計システムと作業効率

眼鏡の女性様々な企業が、様々なシステムを導入しています。例えば、顧客管理システムだったり、在庫管理システムだったりと。自分自身が必要と思ったシステムを、大金を支払って導入するわけです。そして、その代表的なシステムとして挙げられるのが、会計システムになります。
さて、その会計システムですが…こんな疑問がふと頭を過ります。「会計システムを導入することで本当に作業効率が上がるのか?」と。結論から言えば、間違いなく作業効率はあがります。ルーチンワークが多い経理が会計システムを使うことになるため、嫌でも作業効率はあがるわけです。言ってしまえば、この手のシステムを含め「パソコン」というものは、単純作業を繰り返し行うことに長けているため、間違いがないと断言ができます。
ただし…使い方を間違えてしまえば、効率化することは叶いません。例えば、会計システムを上手に運用することができるか?という部分。当たり前ですが、経理が会計システムを使いこなすことができなければ、効率化することはできません。言い方を換えると、作業効率を上げるためには、会計システム選びや運用方法をしっかりと検討することが必要だということです。そこまでして初めて作業効率化が可能となるわけです。

会計システムと経営管理

笑顔の女性経営管理をする上で、会計システムというサービスは非常に密接な関係を持っています。今回は、これをテーマにお話を進めていきます。会計システムのお話をする前に…少し経営管理について触れていきます。そもそも「経営管理とは大きなPDCA」だということが言えます。計画を立て、実行をし、評価をして、改善をする。ただただこれだけではありますが…これが難しいため、多くの人が頭を悩ませている状況です。
さて、そんな中…経営管理をする上で重要な役割を担っているのが会計システムになります。何故、重要な役割を担っているのか?答えは単純で、お金の流れを明確化にして直ぐに把握するようにしたいからです。経営管理をするということは、お金の管理をすると言っても過言ではないでしょう。嫌らしい言い方になってしまいますが、結局のところ「お金ありきの話」だからです。結果、会計システムと経営管理は密接な関係があると言われているわけです。
余談ですが、もう1つの経営管理視点の本音があります。それが…「人件費を安く済ませたい」というもの。ルーチンワークはシステム化ができ、人件費が安くすることができるのであれば、そうしたいと考えることが「経営管理」です。結果、この本音と利害が一致するのが、会計システムだということです。

自動化により手間とミスを減少させる

男女財務が会計システムを利用する理由はいくつかあります。その理由が理由だけに、大きな費用を支払ってシステム導入することになります。
では、その理由とは何か?単純に「ルーチンワークを自動化することで手間を省く」ということが挙げられます。時として、経理や財務がお金の管理をするとき、ただひたすら同じ作業を繰り返すということがあります。ここを自動化することで手間が省けるというわけです。そして、自動化することで何が得られるのかというと…会計システムの最大のメリットである「ミスを減らせる」ということが得られます。お金の勘定でのケアレスミスほど寂しい話はありません。そのミスをリカバリするためにも、改めてチェックをしないといけない…余計な手間の作業が発生してしまうことになります。
結果、ここに会計システムをオススメしたくなる理由があるわけです。つまり…こういうことです。
・自動化によって人員の作業量が減り…ミスも減る
・ミスが減るということは余計なチェック作業を始め手間を無くすことができるということ
・結果、人件費の削減ができ企業の研究開発などにそのお金を充てることができる
このような素晴らしい流れができるため、企業は会計システムの導入をしたいと考えるわけです。

全ては手間軽減のため

スタイルの良い男性財務が会計システムを利用しようと、経理が会計システムを利用しようと、システムに求めることは同じです。その求めることを一言で言ってしまえば、会計システムとは兎にも角にも利用者の手間を軽減させることになります。手作業で数字を入力し、計算機を駆使してお金の計算をする…。これはパソコンが最も得意とする分野になります(数字入力はまだまだ人の手が必要ですが…)であれば、その手間をパソコンに任せてしまえばよいわけです。
ここまでは、ごく普通の当たり前のことではありますが、このメリットというのは思っている以上に大きな効果を発揮してくれます。目に見える効果は、やはり手間を軽減することで経費の削減ができるということ。つまり人件費を押さえることができるということです。企業にとって、これほどありがたい話はありませんただし、投資した分を回収するまでに時間を要してしまいますが…。一般的に人件費は1年で1千万円前後と言われています。会計システムを導入したことで、1人の人件費を丸々浮かすことができ、かつシステムが2,000万円だったら…2年でペイできる計算になります。
そして、その後はプラスに転じるわけですが…このプラス分を別途経費に充てることができれば、企業内でも良い循環を生み活性化に繋がっていくことに。このようにお金プラス、活性化という素晴らしい「メリット」を得ることができるため、手間軽減という目的は非常に重要なことになると言えるわけです。

▲ ページトップへ